山崎育三郎の栄冠は君に輝くに感動!歌詞の意味が気になる!

高校野球開会式2021育三郎が甲子園でエール!みんなの反応と速報も野球

全国高等学校野球選手権大会が2年ぶりに始まりました!

今回で103回目となる開催ですが、開会式では山崎育三郎が「栄冠は君に輝く」を熱唱して国民に感動を与えました。

現在その歌詞の意味が気になると騒がれています。

どのような歌詞の本当の意味を調査してみました!

またどのような様子で歌っていたのか、会場の球児やみんなの反応も調査してみました。

さっそくみていきましょう。

 

 

育三郎が甲子園球場でエールを送る!みんなの反応

 

 

 

 

 

【高校野球開会式2021夏】育三郎が甲子園球場でエールを送る!

 

圧巻の歌唱力ですね!!

オリンピックの閉会式の評判があまり良くなかったから尚、山崎育三郎さんの熱唱が響きますね。

猛暑の日に白シャツを着て球場で熱唱する育三郎さん、かなり適任に感じますね。

わたし
わたし

でもなんで育三郎さんが担当になったんだろう??

いぬ太
いぬ太

大会の関係者が、朝ドラ「エール」で「栄冠は君に輝く」を歌っている育三郎さんをみて、感動してオファーをかけたみたいだよ!

そして山崎育三郎さんは、今回の起用について、

今年、甲子園で歌う機会を頂けたご縁に震えるほど感動しています。選手の皆さんには、昨年コロナの影響で大会が中止になり、出場できなかった先輩方の想いも胸に、全力で楽しんでプレーして欲しいです。出場する選手の皆さん、そして、今コロナ禍で戦う全ての皆さんへエールを届ける想いで歌いたいと思います。

と語っています。

山崎育三郎の栄冠は君に輝くに感動!歌詞の意味が気になる!

「栄冠は君に輝く」は、作詞が加賀大介さん、作曲が古関裕而さんです。

1948年に発表されてあ歌で、現在で愛されて73年にもなります。

当時は「全国高等学校野球大会の歌」という題名でしたが、のちに現在の「栄冠は君に輝く」に名前が変更されています。

73年前の歌なので、歌詞が分かりづらいところがあるかもしれませんが、
高校球児のことを思って作詞されたんだなと感じるフレーズばかりです。

例えば、「一球 一打にかけて」とありますが、甲子園を見ていると球児たちは自分の打席のときには絶対にヒットを打ってやるという力強いまなざしをしていますね。

また、「風をきる 球のいのちにかようもの」。

これは球児がヒットを放った球に球児たちのいのちが通うほどの思いを込めた一打を放っていることが想像できますね。

この歌を聴いて感想するということは、
73年前も現在も高校球児たちの野球にかける熱い思いは変わっていない。

そんなことが分かる一曲ですね。

 

話題になっている朝ドラ「エール」とは?

『エール』は、2020年度前期放送のNHK「連続テレビ小説」第102作として同年3月30日から11月27日まで放送された日本のテレビドラマ。全120回。
引用:Wikipedia

山崎育三郎さんはこの朝ドラ「エール」の中で、佐藤久志役で出演しています。

そのなかで歌手を目指している佐藤久志は「栄冠は君に輝く」を熱唱しています。

まとめ

山崎育三郎さんが甲子園球場で独唱した「栄冠は君に輝く」。

歌も歌い手も本当に素敵でしたね。

2021年夏の甲子園は終わってしまいましたが、来年も変わらず開催できる日が訪れることを願っております。

【関連記事】
智辯和歌山・中西聖輝の家族は?かわいいと人気の智弁和歌山投手の兄弟などを調査!
智辯和歌山・中西聖輝の中学校は?智弁和歌山の投手の小学校や高校での活躍も調査!

コメント

タイトルとURLをコピーしました