もう中学生ダンボールネタ卒業か?ゴースト発覚したけど再ブレイクで痛手ナシ!?

もう中学生ダンボールネタ卒業か?ゴースト発覚したけど再ブレイクで痛手ナシ!?芸能人・グループ

ダンボールアートネタでお馴染みのもう中学生がトレードマークでもあるダンボールを卒業するかもしれません。

もう中学生さんのダンボールでネタで使われているダンボールアートは自作のものだと公言していましたが、

じつはあれ、ツクロークンという芸人さんの作品だったのです。

しかしもう中学生さんは現在再ブレイク中なのをご存じでしょうか?

ダンボールネタがいらないくらいに今や引っ張りだこなんです。

ツクロークンがゴーストだったことは、ご本人の発言で広まった事実ですが、なぜこのタイミングだったんでしょうね。

それではもう中学生さんのダンボールネタにまつわる残念な内容から再ブレイク中の現在についてご紹介していきます。

この記事で分かること

●もう中学生さんダンボールネタ卒業か?

●なぜツクロークンはこのタイミングでゴースト発言したのか

●もう中学生さんの再ブレイクのキッカケ(弁護士沙汰でも痛手ナシ?)

もう中学生ダンボールネタ卒業か?

もう中学生さんは今のところダンボールネタを卒業するという発表はされていません。

しかしここまでダンボールネタのゴーストが大事になってしまったら、いっその事卒業した方が良いんじゃないかと思います。

とは言えダンボールネタでここまで上り詰めてきたと思うと、潔くダンボールとの関係を断ち切るのは難しいですよね。

それに、よく考えてみると芸人さんがコントの中で小道具を使っているのはよく見かけますよね。

それって、みなさんご自身で作っているのでしょうか?

すべての芸人さんがネタの小道具を作っているわけではないですし、

自身で作っているから面白くて人気があるのでしょうか?

 

きっとネタの内容そのものが面白かったり、その人自身に魅力があるから面白いと感じるんだと私は思います。

 

なので、もう中学生さんのダンボール作品も、もう中学生さんが作っていなくてもいいんじゃないかと思います。

ダンボールネタを卒業する理由があるなら「自分で作っている」とウソをついてしまったことに責任を感じ、

卒業するなら納得はいきますね。

 

もう中学生さんのダンボールネタのゴースト発覚!

もう中学生さんのダンボールネタにゴーストライターならぬゴーストアーティストがいたことをご存じでしょうか?

その方は、もう中学生さんの後輩芸人「ツクロークン」です。

ツクロークンの画像引用:https://profile.yoshimoto.co.jp

ツクロークンとは
名前ツクロークン
生年月日1973年4月5日
出身地愛知県
所属吉本興業
身長145㎝
SNSInstagram ・ Twitter

もう中学生さんは、ツクロークンが作った作品も自身で作った作品だと公言してしまっていました。

しかしたくさんの作品をお金を払ってツクロークンに作ってもらっていたことが発覚。

もう中学生がツクロークンに小道具作成を依頼する原画↓もう中がツクロークンへ依頼する際の原画の画像引用:https://bunshun.jp

サイズまで指定してたんですね。

そこまでもう中学生さんが決めていたとなると、半分はもう中学生さんの作品のような気もします・・・。

それにタダで依頼していたわけではなく、お金を払って依頼をしています。

プロの業者に頼むと、10万円以上してしまうので身近な後輩芸人に頼みたくなったんですかね。

 

またツクロークンはもう中学生さん以外にも、後輩・先輩芸人たちの小道具を作っています。

そのあたりをツクロークンが公言しているとなると、「もう中学生のゴースト」だというのも少し違和感を感じます。

売名行為なんじゃないか、もう中学生さんが再ブレイクしたことによる嫉妬なんじゃないか・・・

と、憶測が飛び交っています。

 

ゴーストを公言したツクロークンの目的は何?

ではそんなゴースト・ツクロークンが「私がゴースト」と公言した理由や目的は何だったんでしょうか?

そこには4つの目的や理由があると考えます。

1.裏舞台ではなく表に出たい(Twitterで「去年までずっと我慢我慢の日々」と書いていた。

2.もう中学生の二番煎じと言われていたことが嫌だった

3.もう中学生の再ブレイクの波に乗っかり注目されたかった

4.もう中学生の再ブレイクに嫉妬したから

1.裏舞台ではなく表に出たい(Twitterで「去年までずっと我慢我慢の日々」と書いていた。

ツクロークンは見かけによらず年齢は48歳。

ずっと華やかな表舞台に出ることができずにいるツクロークンですが、きっとTwitterでつぶやいていた「我慢我慢の日々」というのは、

もう中学生さんに言われたこの一言が一つの原因だったのかと思います。

いつか割に合うお仕事を引っ張って来るから

この一言を旨に長年満足のいかない作成費でも作り続けてきたと文春さんに語っていました。

我慢の限界だったのかもしれませんね。

 

2.もう中学生の二番煎じと言われていたことが嫌だった

ツクロークンのコントネタは、もちろんアートネタ。

ネタを見たお客さんからの感想は、「もう中学生の二番煎じみたい」という言葉が目立っていたそうです。

しかしツクロークンはただのアートネタではないんです。

音楽とあわせてネタを披露しているので、もう中学生とすみ分けできていると思うんですが、

視聴者の目は厳しいですね。

そのようなお客さんからの声に耐えられなかったんでしょうか。

もう中学生さんのダンボールネタを作っているのに二番煎と言われるのは、いい気はしないですよね。

 

3.もう中学生の再ブレイクの波に乗っかり注目されたかった

もう中学生さんは、ここ数年、大御所芸人さんたちから「かなりの高評価」を受けています。

そんな伸びしろのある芸人のゴーストをやっていて、しかもその報酬や体制に満足がいっていなかったとなると、

「利用してやる」という感情が浮かんでしまうのは自然な流れなんじゃないでしょうか?

ここで、ゴーストと公言することでツクロークンも一緒に注目されてメディア露出の機会が触れるのであれば、公表した甲斐があったのかもしれませんね。

その代わり、世間がもう中学生さんに加担するながれになってしまったら「厄介な人」という位置づけで終わってしまいます。

一か八かですが、ツクロークンは行動に出たんですね。

 

4.もう中学生の再ブレイクに嫉妬したから

もう中学生はここ数年、再ブレイクをはたしています。

その陰でゴーストであり続けるにはストレスがあったんでしょうか。

ツクロークンももう中学生さんと同じ芸人なので、もちろん表舞台に出たいはずです。

そうなると、自分との差がどんどん開いているもう中学生さんに嫉妬してしまったんでしょうか?

わたしがツクロークンなら嫉妬してしまうかもしれません。

気持ちは分かりますね・・・。

 

もう中学生は弁護士沙汰でも再ブレイクで痛手ナシ!?

もう中学生さんはさまざまなバラエティー番組では大御所芸人から絶賛されていたり、朝ドラ・CMなどさまざまな分野で活躍しています。

そして去年には冠番組も獲得してまさに再ブレイクの大ブレイク中。

CMに出演すると1本数百万という大金が手に入るし、ドラマの出演料も1本100万ほどは入ってくるでしょう。

芸人としても、大御所芸人に気に入られれば安的に仕事も入ってくると思うと、ダンボールネタをここで卒業しても、芸人として十分に生き残っていける要素が残るでしょう。

 

もう中学生へのみんなの声

現在調査中です。

 

まとめ

もう中学生ダンボールネタ卒業か?ゴースト発覚したけど再ブレイクで痛手ナシ!?と題してご紹介しました!

今回の「私がゴーストでした」発言で、もう中学生さんもツクロークンも良い方向に進んでいくことを願います。

金銭のやり取りはあったものの、お互い利益がある関係性だったので、裁判沙汰になってしまっても円満に解決してほしいですね。

 

 

プロフィール
この記事を書いた人
くまっち

■30代1才9か月差の兄弟の母親

■出産後まもなくフルタイム勤務

■無機質なものと向き合う研究員13年目

■リアルタイムで気になる情報や香りと美容についてご紹介

くまっちをフォローする
芸能人・グループ
くまっちをフォローする
香りのある生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました