寒波で学校を休むのはなし?不要不急の外出に入るのか気になる!

寒波で学校を休むのはなし?不要不急の外出に入るのか気になる!天気

寒波で学校を休むのはなし?不要不急の外出に入るのか気になる!と題してご紹介!

最強寒波が来るので不要不急の外出は控えてください。

こんなニュースを耳にしますが、寒波で学校を休むのはなしなんでしょうか?

学校に行くには外出しないといけないし、あえて最強寒波の日に学校へ行く理由が知りたいですよね。

そこで!

●最強寒波の日に学校を休むのはなしなのか

●不要不急の外出とは

●寒波の日に学校に行くことへのみんなの声

このあたりを調査したのでご紹介します!

寒波で学校を休むのはなしではない3つの理由

最強寒波で学校を休むのはなしではないと思います。

その理由として以下の3つの理由が挙げられます。

①地域差がある
②個人差がある
③家庭環境の違い
1つずつご紹介します!

①地域差がある

寒波で学校を休むのがなしではない理由の1つとして「地域差がある」理由があげられます。

例えば、暖かい地域の九州などでは大人も子供も雪に慣れていません。

そんな中、登校させたら大変です。

・車や自転車との接触事故
・先生も学校に行けない

このような可能性が出てくるでしょう。

また同じ地域に住んでいる方でも、場所が少しずれることでバスが運休になってしまうほど道路が凍結してしまう可能性もあります。

そうなると限定的に交通手段がなくなってしまうので学校に行けない人も出てくるでしょう。

②個人差がある

寒波で学校を休むのがなしではない理由の1つとして「個人差がある」理由があげられます。

もともと身体が弱い生徒さんだと、最強寒波の日に外出することで体調を崩してしまう方もいるでしょう。

その日だけならまだしも、1、2週間と体調不良が長引くとわざわざ最強寒波の日に学校へ行く理由がないですよね。

健康はなによりも大切です。

自分の体調を見ながら、親御さんと相談して学校に行くかどうか判断しましょう。

③家庭環境の違い

寒波で学校を休むのがなしではない理由の1つとして「家庭環境の違い」があげられます。

家庭によっては、ご両親が共働きで日中誰も家にいない家庭もあるでしょう。

その場合、最強寒波の日に1人で家にいるより大人がいる学校にいた方が安心な場合があります。

また寒波なので送り迎えをしてくれる家庭もあったりなかったり・・・。

車ではスムーズにこれるけど、徒歩や自転車で登校が難しいこともあるでしょう。

危険を背負ってまで学校に行くことは避けた方が良いでしょう。

不要不急の外出とは

最強寒波が来ると「不要不急の外出は控えましょう」なんて言葉をよく耳にしますね。

広辞苑によると、

どうしても必要というわけでもなく、急いでする必要もないこと
と書かれています。
この定義をみると、学校は不要不急の外出ではないのかなと思います^^;
しかし、ここは命を守る判断をぜひしてください!

寒波の日に学校に行くことへのみんなの声

寒波の日に学校に行くことへのみんなの声を見てみましょう。

それぞれの立場の違いで声が異なるのかなと思いますが、どれくらい違う声が上がっているのでしょうか。

生徒の声

まずは生徒さんの声を見てみましょう。

・学校が休みになった
・雪が降ったら休み
・1時間遅れ
など、今回の最強寒波では学校側がすでに対策している地域が多そうでしたね。
生徒が選ばなくてもいいような判断を学校側はしてほしいですね。

大人の声

寒波の日へ学校へ行かないことへの大人の声も見てみましょう。

・学校の休みを保護者に任せないでほしい
・最強寒波と騒ぐなら休みにさせてほしい
・大人は自主的に休みにしている
このような声がみられました。

まとめ

寒波で学校を休むのはなし?不要不急の外出に入るのか気になる!と題してご紹介しました!

2023年は10年ぶりの最強寒波が来ます。

事前に備えをすることで、被害は少なくなるので命を守る選択をしてください。

登校する時に、「危険だ!」と判断したら無理に学校へ行くのは控える方が良いでしょう。

ホッカイロは何個あっても良いので、もしもの時のために備えておきましょう^^♪

可愛いホッカイロでテンションあげよ♪
プロフィール
この記事を書いた人
くまっち

■30代1才9か月差の野球少年の母親

■出産後まもなくフルタイム勤務

■無機質なものと向き合う研究員13年目

■リアルタイムで気になる情報や香りと美容についてご紹介

くまっちをフォローする
天気
くまっちをフォローする
香りのある生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました