リメンバーミーで歌詞が違うって言ってったけど本当の歌詞は?

リメンバーミーでヘクターがギターを弾きながら歌を歌っていましたが、”子供の前だから”と歌詞を変えていました。

「腕は床につくほど」と歌っていましたが、本当の歌詞はどんな歌詞だったのでしょうか?

感動的なディズニー映画のひとつ「リメンバーミー」。

隠された裏話をみてみましょう。

リメンバーミーで歌詞が違うって言ってったけど本当の歌詞は?

ヘクターは死者の国でギターを弾きながら歌っていました。

そこで「腕は床につくほど~♪」と歌っていましたが、本当の歌詞は「腕」ではなく「胸」ではないでしょうか?

リメンバーミーはもともと英語が原作です。

日本語は吹き替え版なので、「knuckle(ナックル)」という「腕」という意味をもつ言葉を「knockers(ノッカー)」という意味をもつ「胸」がもともとの歌詞だったのではないでしょうか?

しかしこの歌は、リメンバーミーの映画のために作られた歌です。

もともと存在している歌ではないので、真相は謎のままなのです。

まとめ

涙なしでは見られないリメンバーミー。

裏話は探せばまだまだ出てくると思います。

 

プロフィール
この記事を書いた人
くまっち

■30代1才9か月差の野球少年の母親

■出産後まもなくフルタイム勤務

■無機質なものと向き合う研究員13年目

■リアルタイムで気になる情報や香りと美容についてご紹介

くまっちをフォローする
エンタメ
くまっちをフォローする
香りのある生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました