ピットブル事故はゴールデンレトリバーと比べてどう?危険と言われる理由を調査!

ピットブル事故はゴールデンレトリバーと比べてどう?危険と言われる理由を調査!トレンド

ピットブル事故はゴールデンレトリバーと比べてどう?危険と言われる理由を調査!と題してご紹介!

最近では茨城県稲敷市でピットブルが脱走したことで世間を賑わせていますが、偶然出くわしたらびっくりしますよね。

そんなピットブルは普段はおとなしいですが、スイッチが入ったときに驚くような行動に出ることで有名です。

そこで!

●大型犬として馴染み深いゴールデンレトリバーと比べてピットブルの事故はどれくらい多いのか
●ピットブル関連の死亡事故はあるのか●日本でもピットブル関連の事故は実際に起きているのか

こちらを調査してみました!

私は犬が全般大好きなので、お散歩をしている犬をみると近寄ってしまいますがそれぞれの犬の特徴をしっかりと押さえておきたいと思います!

早速みていきましょう!

ピットブル事故はゴールデンレトリバーと比べてどう?

ピットブル事故はゴールデンレトリバーと比べてどう?のイメージ画像引用:https://ja.wikipedia.org

ピットブルの事故はゴールデンレトリバーと比べて事故が多いです。

それぞれの特徴も比較してみましょう。

犬種身長体重
アメリカン・ピット・ブル・テリアオス 45–53 cm
メス 43–50 cm
オス 15.8–27.2 kg
メス 13.6–22.6 kg
ゴールデン・レトリバーオス 45–53 cm
メス 43–50 cm
オス 29–34 kg
メス 24–29 kg

米国疾病対策センター (CDC)の調査によると1979年から1998年の20年間の間で大型犬による事故の中で1番発生件数が多い犬種がピットブルです。

またインターネットで最も長く運営されているアメリカのサイトTheRichestの調査によると世界で最も危険な犬種のナンバー1にランクインしています。

ちなみに2位はロットワイラーという犬種です。

ロットワイラー↓

ロットワイラーの画像引用:https://ja.wikipedia.org/

くまっち
くまっち
穏やかな表情をしているときはかわいいですね♪

ピットブルは名前から想像できないほど、スイッチが入ったら危険な性格を持っています。

ピットブルは子供への攻撃のうち理由のない攻撃が半数以上を占めているので、脱走したピットブルには気をつけた方が良いでしょう。

ピットブルの死亡事故

ピットブルの死亡事故のイメージ画像

ピットブルの死亡事故は米国疾病対策センター (CDC) によると1979年から1998年の20年間での犬の死亡事故のうち1番多い犬種がピットブルと発表しています。

また1998年以降のアメリカでのピットブルによる死亡事故も何件かありました。

2021年11月11日アメリカノースカロライナ州生後8日の男の子が噛み殺される
2021年4月29日アメリカノースカロライナ州7歳の女の子が隣人のピットブルのお世話をしているときに噛み殺される。母親は負傷。
2021年12月15日アメリカオクラホマ州4歳の男の子が祖父母が飼っているピットブルに腕を噛まれて切断される
2022年8月3日アメリカニューヨーク州70歳の女性が飼い犬に食べられてしまう
全ての事故は近くで飼われていたピットブルによる事故です。普段可愛がっていても何かの拍子で豹変してしまうと思うと注意が必要ですね。

ピットブル事故は日本でも起こる?

ピットブル事故は日本でも起こる?のイメージ画像

ピットブルの事故は日本でも起きています。

朝日新聞によると2020年に脱走したピットブルが近くに住んでいるトイプードルとその飼い主に噛み付いた事故がありました。

飼い主は全治4週間、噛みつかれたトイプードルは亡くなっています。

くまっち
くまっち
痛ましい事故ですね•••。

またピットブルは世界各地さまざまな場所で飼育することが禁止されていますが、日本での規制はりません。

しかし茨城県では独自の規制としてピットブルを特定犬として、飼うための条件を定めています。

茨城県|ピットブルの飼育条件

●標識「特定犬」を入り口に掲示する
●檻の中で飼育する

ピットブル脱走について

ピットブル脱走についてのイメージ画像

2022年9月に茨城県稲敷市で飼育されているピットブルが脱走したことが話題にあがっていました。

この際、すぐに飼い主が届出を出しています。

翌日にはピットブルが自力で自宅に戻ってきているところを飼い主が発見して無事に確保されています。

くまっち
くまっち
怪我人がいなくて本当に良かったですね。

まとめ

ピットブルのまとめ画像

ピットブル事故はゴールデンレトリバーと比べてどう?危険と言われる理由を調査!と題してご紹介しました!

日本では国単位での規制はありませんが、世界各地で飼育禁止がされているピットブル。

アメリカでは死亡事故が起こっていることも分かりました。

ピットブルは飼っている人には分かっている可愛さがあります。

こんな可愛いピットブルの姿も見て、ピットブルというだけで怖がらないでいれる知識を身につけたいですね♪

プロフィール
この記事を書いた人
くまっち

■30代1才9か月差の野球少年の母親

■出産後まもなくフルタイム勤務

■無機質なものと向き合う研究員13年目

■リアルタイムで気になる情報や香りと美容についてご紹介

くまっちをフォローする
トレンド
くまっちをフォローする
香りのある生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました